今すぐお金を借りる方法100選
> > クレジットカードでお金を借りる方法!仕組みや利点をご紹介

クレジットカードでお金を借りる方法!仕組みや利点をご紹介

お金は銀行や消費者金融などといった業者から借りることができますが、クレジットカードでも借りることができます。しかし、どうすればカードでお金が借りられるのかわからないという方もいるでしょう。

そこで今回は、クレジットカードでお金を借りる場合の方法やメリット・デメリットなどについて探ってみたいと思います。

クレジットカードにはキャッシング枠もありお金が借りられる!

まずは、クレジットカードのキャッシング枠についてどういったものなのかを知る必要がありますね。基本について迫ってみましょう。

同額じゃない!?ショッピング枠の方が設定額は多い

クレジットカードでも、キャッシング枠を利用することでお金を借りることができます。利用方法は、手持ちのクレジットカードの提携先となっているATMなどを使うというものです。

多くのクレジットカードではショッピング枠とキャッシング枠に別れて設定されています。例を挙げるならショッピング枠が30万円であり、キャッシング枠は20万円までといった具合です。

通常はショッピング枠の方が設定額が多くなっていて、適用になる金利についてもキャッシングよりも低い設定となっています。

キャッシング枠は使わなければ外すことも可能!

クレジットカードはキャッシングもできるのですが、このキャッシング枠は外すことも可能です。

また、ショッピング枠もキャッシング枠もクレジットカードの全体的な限度額の中に組み込まれているケースもあります。なので、例えば50万円のカード限度額だったとして、ショッピングで40万円を使ったとしたら、キャッシング枠の限度額が30万円あったとしても、全体では50万円まで使えることになっています。

よって、10万円しかキャッシングができないという事になることがあるという点も覚えておきましょう。

クレジットカードを使っての実際のお金を借りる方法について!

クレジットカードでキャッシング枠を使ってお金を借りる方法は、まずクレジットカードをATM等の機器に入れて、画面で『引き出し』を選択します。この際にはご出金やクレジットカード、その他などといった文言で書かれている場合もあります。

続いて4桁の暗証番号を入力しましょう。それから返済方法を一括かリボ払いから選びます。中には、一括の事をキャッシング、リボ払いをカードローンと書いている機器もあることを覚えておきましょう。

最後には、借りたい金額を入力します。クレジットカードでお金を借りるなら、こうした手順となるということです。

クレカでお金を借りる際の金利や返済方法なども知っておこう

クレジットカードでお金を借りるなら、やはり金利面や返済方法も外せない事柄です。利用する前にきちんと把握しておくことが大事でしょう。

キャッシングの金利水準は消費者金融と同等になっている!

クレジットカードでは、ショッピング枠を利用した場合には翌月払いもしくはボーナス一括払いでの支払いであれば金利はかかりません。ボーナス二回払いなら金利が必要ないカードと必要であるカードに別れます。

キャッシング枠の場合については、多くが100万円未満の利用で18.0%、100万円以上利用した場合には15.0%という金利になっています。この金利は、カード会社によって異なりますし、ゴールドカードでは金利が低くなるなどカードの等級によっても変わります。

なぜ等級が高くなるのかというと、それはカードを発行する際に審査が行われ、ゴールドカードを持っているということは信用性が高いと認識されるからです。

カード会社にとっても低リスクで融資することができるということです。クレジットカードのキャッシングでの金利は、消費者金融と大体同様の水準となっています。その理由は、貸金業法によって上限金利が定められているためなのです。

この上限金利は10万円未満なら年20%、10万円以上100万円未満が年18%、100万円以上借りる場合は年15%とされています。

一括払いとリボルビング払いがあることを覚えておこう!

キャッシングの返済方法には、一括払いとリボルビング払い(リボ払い)の2種類があります。

一括払いの場合は、元金及び利息を一括で返済をします。振替日はカード会社ごとに異なります。リボルビング払いでは、基本として毎月返済をすることになります。カードを何回使用したかという点や、金額には関わらず毎月支払う額は一定となることがポイントです。

さらに、一回払いということで利用したカードも、後からリボルビング払いに変更することも可能です。返済計画を再度見直した際に、もしかしたら一括払いでは厳しいということもあるかもしれません。

そういった場合に、毎月の支払を一定にしたいと思うこともあるでしょう。その様な事情などでもリボルビング払いに変更をするというケースもあるのです。キャッシングを利用するなら、手数料がかかるのだろうかという疑問も浮かぶこともあると思います。

クレジットカードでキャッシングをした場合には、提携している金融機関のATMを利用するとしたら、利用する額によってATM手数料がかかることを覚えておきましょう。

クレジットカードでお金を借りる際のメリットとデメリットとは?

クレジットカードでキャッシングをする際のメリットやデメリットとはどういった点にあるのでしょうか。キャッシングをするなら、良い点と難点についても知っておくようにしましょう。

入会時にキャッシング枠を付けていればいつでもお金が借りれる

キャッシングのメリットとしては、お金が急に必要になった時に、すぐにお金を用意できるという点があります。

カード入会時にキャシング枠を付与していれば、改めて審査などを受けることなく近くにあるコンビニなどでお金を借りることができるのです。カードローン同様に、クレジットカードのキャッシングでも審査は保証会社によって行われます。

審査の難易度に関しては、カードローンに比べてキャッシングの方がさほど通過しやすいということはないでしょう。しかし、カード入会でキャッシング枠を付ける際にも、特段金銭的に困窮しているというわけでもないと考えられるため、審査はいくらか通過しやすいと言えます。

さらに、キャッシング枠を増額したいということもあるのではないかそういったときにも、カード会社に連絡をすれば審査をした上で増額をしてもらうことができる可能性もあります。

海外でキャッシングをすればお得だから旅行にうってつけ!

海外旅行に行かれる方も多いことでしょう。海外に行かれるなら、現地通貨を持っていることも必要になります。それならば、クレジットカードのキャッシング枠を使うことで、旅行先のATMから現地通貨を借りることが可能となっているカード会社もあります。

海外においてキャッシングをする場合の外貨の両替については、一般的な両替レートよりも好条件となることがあります。多くのケースで、キャッシングの金利を含んだ額の方が、両替商や銀行等で両替をするよりもお得となっているのです。

そういったことから、頻繁に海外旅行をされている方や、海外への出張の多いビジネスマンの方などは海外に行ってからお得にキャッシングをしているという方も少なくないでしょう。

【海外旅行でトラブルに遭ったら日本大使館がお金を貸してくれる?詳細を知りたい方はコチラ!】
海外でのトラブル、日本大使館でお金を借りられる?噂検証!

金利が高めであることや限度額が低い点は難点になる

クレジットカードでのキャッシングにおいては、一括払いであってもリボルビング払いであっても金利が高めになってしまうという点がデメリットです。キャッシングでは借りたお金の使用用途は自由とされているケースも多いですが、金利について見てみると、カードローンの方が低いのです。

それに、もう1つのデメリットとしては限度額が低い設定となっていることが挙げられます。これは、クレジットカードでキャッシングする場合に『総量規制』の対象となってしまうことも原因です。

要するに、年収の1/3までしか借りることができないということです。そういったこともあり、キャッシング枠では10万円ほどが限度額とされていることが多いです。借り過ぎないようにできる点では良心的ということでしょうか。

また、キャッシングではATMの利用手数料がかかってしまう点も難点と言えます。

【銀行のキャッシュカードで借り入れしたい方の関連記事】
キャッシュカード利用でお金を借りられる?三菱東京UFJの便利術

クレカのキャッシング枠を利用して賢くお金を借りよう!

クレジットカードのキャッシングは、カード申込みの際にキャッシング枠を付けることで利用することができますし、後からでも新たに付けることができます。金利が高めであることや、限度額が少ないという面もありますが、お金が急に必要になった場合などにはとても役立ってくれるでしょう。

いざという時のためにキャッシング枠を用意しておき、何かの時に活用されてはいかがでしょうか。

トピックス
ページトップへ