今すぐお金を借りる方法100選

土日、夜遅くでもお金を借りることができるカードローンを知りたい!

明日の朝までに、急にまとまった額のお金が必要に!時間、曜日に関係なく多額のお金がいますぐに必要になることは誰にでもあります。そんなとき便利なのが、webで申し込みができるカードローン。

ATMで振込みができない土日祝日や夜でも、審査後すぐに受け取ることが可能なカードローンもあるのです。夜でも土日でもその日のうちに借りられるカードローンを探してみましょう。

土日でも申し込めるのはどこ?まずはwebをチェック!

カードローンは年々競争が激しくなってきています。低額の融資であれば、収入証明書や保証人はまず必要ありません。アルバイトやパートの主婦でも借入れ可能です。どの会社もただ金利を安くするだけではなく、夜間でも短時間で審査をしたり、無利息期間を設けたりと様々なサービスを提供しています。土日祝日、夜間でも借りられるところが増えてきました。

自分の要望に一番こたえてくれるのはどこか?いまはカードローンの比較サイトがたくさんあります。利息の安さ優先なのか?即日融資してくれるほうがいいのか?

まずは、自分が一番重要視するサービスを、なるべく細かくチェックできるサイトを探しましょう。

こういったサイトは借りた人の体験談を載せているものも多くあります。年齢や職業、借入れ額も一緒に記載されている場合もあるので、自分に似たような境遇の人の体験談も参考にしてみてはどうでしょうか?

夜間や祝日に借りられたという体験談が多く、自社ATMを持っている消費者金融であれば、ねらい目といえます。

その日のうちに借りられるのは銀行?消費者金融?

カードローンは、大きく分けて、銀行と消費者金融の2種類があります。

即日融資で検索して出てくるのはほとんどが大手の消費者金融です。大手消費者金融は土日でも営業していることも多く、申し込みもwebであれば24時間受け付けてくれるところがほとんどです。

夜間に申し込んでも短時間で審査をして、即日融資が可能なところがあります。

銀行は基本的に土日祝日は休みですから、急な出費にはどちらかといえば不向きです。特に地方銀行は窓口へ行かなくてはならなかったり、審査が営業日にならないと始まらないところがほとんどです。しかし、一部の大手都市銀行は休日や夜間でも審査を受け付けてくれるところがあります。

また、銀行によってはATMの横にローンの申し込みブースがあり、休日や夜でも即日融資してくれるところがあります。土日の専用ブースで審査が通れば、その場でカードを受け取って融資を受けることができます。もし大手都市銀行の口座をもっていて、近くにローンの申し込みブース設置されているATMがあれば、一度試してみるといいでしょう。
また、少数派ですが、その銀行の口座を持っていれば土日でも口座にお金を振り込んでくれる銀行もあります。銀行は消費者金融に比べて金利の低いところも多いので、自分が口座を持っている銀行のカードローンが即日融資に対応してくれるか、一応確認してみましょう。

土日や夜の申し込み、平日と違うところがあれば知りたい!

急な申し込みでも、基本的には平日の昼間に申し込むのとそれほど変わりありません。とくにwebで完結するのであれば、書類を揃えて申し込み画面で必要事項を記入すれば5分ほどで完了します。

ただ、会社によって必要書類は少しづつ違ってきます。低額の借入れであれば、収入証明はほとんどの場合、必要ありません。しかし、身分証明書に免許証やパスポートなど、必ず写真が入っているものに限っている会社や、写真がないものは2点以上の提出を求められたりします。

審査を申し込む前に、どんなものが必要になるのかを必ずチェックしておきましょう。

また、カードローンは審査の一環として、電話で職場に在籍確認をすることがあります。夜間や祝日の場合、営業時間にあらためて電話がかかってきます。しかし、審査によっては電話が免除される場合もあるようです。とくに勤め先の保険証を提出した場合は電話での確認は省略されることもあります。

知っていましたか?Webの後で電話をすれば審査が早くなる!

会社によっては、webでの申し込みのあと、電話をかければ審査の時間が短縮されることもあります。

カードローンの電話はほとんどがフリーダイヤルですから、電話代の心配はいりません。このやり方をwebで紹介している会社もあります。すべての会社で対応してくれるわけではありませんが、少しでも早く借りたければ、一度試してみるといいでしょう。

夜間に審査をしている会社でも、申し込む時間が遅ければ、審査結果は翌日になってしまうこともあります。

できれば午後2時くらいまでには申し込んでおくのがベストといえるでしょう。

また、会社によってはwebで申しこんで審査が通れば、専用のブースや無人機でカードを受け取ってその日のうちに融資してくれるところもあります。webや電話でよく確認してみましょう。

夜間、土日でも審査は平日と変わらない!申し込みは慎重に!

審査や融資が迅速にできるといっても、会社側は決して手をぬいているわけではありません。審査は平日昼間と変わらず綿密に行われます。場合によっては電話での在籍確認くらいは省略されるかもしれませんが、基本的にはなんら変わることはありません。

他社からの借入れが年収の1/3以上あれば、消費者金融での借入れはまず不可能です。銀行のカードローンは場合によっては通るかもしれませんが、金額はあまり期待できません。また、過去に返済を延滞するなど信用情報に金融事故の履歴があると、やはり借入れは難しくなります。他社からの借入れがある場合は、借入れ額と自分の収入と照らし合わせて、1/3を超えていないか計算してみましょう。

急ぐあまり、申し込みに必要な記入事項を間違えたり、抜けてしまうということも考えられます。悪気はなくても事実と違うことを記入すると、借りられるものも借りることができなくなってしまうかもしれません。記入漏れがないか、誤字脱字がないか最後にもう一度見直しましょう。

また、一度に複数の会社に申し込むのも厳禁です。最大でも2社までにとどめておくのが賢明です。

早めに審査の結果を出してくれるところを選んで、あせらず待ちましょう。

あいているATMが近くにない!どうやって受け取るの?

土日や夜の借入れで一番注意ければならないのは、やはりお金の受け取り方でしょうか?即日融資とは言っても銀行の振込み業務はやっていません。せっかく審査が通ったのにどうすれば…?審査の結果だけではなく平日以外の受け取り方も、あらかじめ入念にチェックしておく必要があります。

休日の受け取りに柔軟に対応してくれるのは、やはり消費者金融です。専用ATMがある大手消費者金融であれば、いつでも受け取ることができます。手数料もかかりません。

申し込む前に専用ATMが近くにあるか探して見ましょう。万が一、ATMがなくても指定のネット銀行の口座を持っていれば、瞬時に振込みしてくれる会社もあります。

銀行の傘下の消費者金融であれば、銀行のATM脇にある無人申し込みブースで受け取ることもできます。ただ、設置していないところもあるので、やはり事前のチェックがか欠かせません。

あせって得るものは何もない!急ぐときほど慎重に!

急いで借りたいときは、ついついあせってしまいますが、至急であればこそ肝心なことを見落とさないよう、慎重に行動する必要があります。必要な手続きや書類、受け取り方に見落としがないか、落ち着いてチェックしましょう。もちろん、借りた金額や利息が生活に支障のない範囲内に収まるかも、きちんと計算して申し込んでくださいね!

トピックス
ページトップへ