今すぐお金を借りる方法100選
> > 意外とかかってしまう!?マンションを借りる際に発生するお金は?

意外とかかってしまう!?マンションを借りる際に発生するお金は?

マンションを借りる際ですが、具体的にどのような費用(お金)が必要となるのかは、事前にチェックしておいたほうが良いです。

というのも、他のマンションを借りた場合と比較できるからです。近いところに良い物件が見つかった・・・という時も、手数料などをチェックしましょう。

このような手間暇を面倒臭がらずに行うだけで、住み心地の良い物件を的確に見つけられるようになります。

マンションを借りたい!具体的に発生する費用にはどのような費用が?

マンションというと、高級なマンション、一般的なマンションの2種類が存在します。

ですが、どちらも物件を購入するのではなく、借りる場合には商品価格以外の費用もかかるので、そのことも事前に知っておきましょう。というのも、費用だけでも大きな出費になるからです。

主な費用には以下のようなものがあるので、正確に理解しているだけで無駄な出費を減らすことができます。

高級なマンション 一般的なマンション
・管理費用
・入居費用
・保険費用
・駐車料金
・共益費
・管理費用
・保険費用
・共益費

高級なマンション、一般的なマンションともに管理費用として、「メンテナンス料金、清掃料金」が費用として必要になります。

アパートではなくマンションの場合は、部屋のクリーニングと同時に、自動で利用できるシステムのメンテナンスも行うため、マンションによっては2、3万円程度かかることもあります。

一般的なマンションは、入居費用が無料、駐車料金が無料というケースも増えています。

入居費用は「敷金・礼金」となっていますが、高級マンションでは家賃の2ヶ月以上かかってしまうこともあるので、高級マンションとして売り出されているものは、安く住むことができないと思ったほうが良いでしょう。

保険費用、共益費はマンション、アパートともに必要となります。定期的に保険の更新、物件のクリーニングなどを行っているため、管理、衛生上で必要となることが多いのです。

マンションを借りる際は、このような仕組みについて学んでおくことも大事でしょう。

マンションを比較!マンションを借りる前に知っておきたいこと

マンションというのは、見るだけであれば自由となっています。

つまり、数ある物件をじっくりと見回すことも可能になっているのです。

なので、マンションを借りる際はお金のことも考えて、以下の問題が見当たらないマンションかどうかも比較しておきましょう。

  • 築年数の割に内装が傷んでいないか
  • 事故物件ではないか
  • 物件の種類は豊富であったか

マンションというのは、個人だけでなく、家族、もしくは業者などが利用している物件のため、外観よりも内装を重視してチェックしたほうが良いです。

借りた後に内装をクリーニングして欲しいと依頼しても、お金がかかるだけで素早く対処してくれるわけではないので、そのことにも注意してください。

しかし、先に内装を見て「内装が良ければ住みたい」と相談されていると、業者側が気を利かせてクリーニングを無料で行ってくれることもあります。クリーニングにかかるお金は、高い時では3万円を超えるので、このような相談も行ったほうが良いでしょう。

それと、事故物件、案内される物件数の2点は絶対にチェックします。

このような案内が目立たない場合、もしかすると、最近では利用者が減っている可能性が疑われます。つまり、住んでみるとトラブル続きというケースに発展することもあるため、事前にチェックしておいたほうが良いのです。

マンションの手数料!どのような手数料が発生しやすいのか?

マンションは、住むのにかかるお金として費用の請求が発生するだけでなく、手数料が発生することもあります。

具体的には、以下のような手数料が発生すると思っておいたほうが良いでしょう。ただ、入居時にかかる費用と比較すると、それほど大きな出費にならないことが多いです。
良く発生する手数料 あまり発生しない手数料
・予約で発生する手数料
・追加の駐車料金
・追加サービスの料金
・壁紙の交換料金
・脱臭にかかる料金
・水回りのメンテナンス料金

あまり発生しない手数料は、マンションが傷んでいるので修復を依頼する際にかかる手数料です。マンションの管理会社に依頼するのが基本ですが、個人で業者を探して依頼するのも問題ありません。

また、料金は1万円~5万円の間におさまることが多いです。

次に良く発生する手数料ですが、マンションの購入を予約するケースでも手数料が発生します。人気のマンションでは、先に前払いを行うことで予約完了となるケースが増えています。

それと、駐車料金は1台分であれば無料、もしくは3000円~10000円ほどかかるという仕様なのですが、2台目の駐車料金は1台目と同じように無料、低価格というケースは少ないです。

追加サービスについても同じです。例えば、内装を豪華にしてもらう、もしくは最初から家電が整っている(※主にレンタルすること)状態のマンションに住む際には、物品、サービスなどの利用料金が手数料として発生するのです。

マンションを借りる場合、サービスなどの料金設定も確認しておくと、無駄のないマンション選びになるというわけです。

手数料が安くなる!?マンションを借りる際に役立つ便利な知識

案内させていただいた手数料ですが、手数料そのものが安くなるというケースも存在します。

例えば、月ごとに家賃を支払うのではなく、年単位で家賃を支払うケースが該当します。

最近では、マンションの売上を伸ばす目的で、このようなサービスを行っている不動産は増えてきました。

手数料が完全に無料となるケースも少なくありませんので、お気に入りのマンションが見つかった際は、借りる前にお金の相談を行っておくと良いでしょう。

クレジットカードで支払い!ポイントももらえる賢いお金の使い方

マンションを借りる際に、簡単な方法で得をするというテクニックも存在します。

その方法とは、クレジットカードでマンションの家賃を支払うというものです。

クレジットカードには以下の特典が存在するので、中途半端に大きな出費で、且つ毎月継続して発生するものであれば、クレジットカードで支払ったほうがお得なのです。

  • 利用料金に応じてポイントが還元される
  • 専用のクレジットカードはポイント還元率が高い

利用料金というのは、例えば100円で1ポイントという仕組みになっています。1ポイント1円で利用できるため、毎月50000円の支払いでは500ポイント(500円)がもらえるのです。

それと、100円で1ポイントというのは最低の設定であった場合なので、マンションの家賃を支払うのに適しているカードであれば、100円で2ポイント、100円で5ポイントというものも存在します。

毎月50000円の支払いでは、1000円前後が還元される仕組みになっているので、すでにクレジットカードを保有している場合、このような支払い方法を検討するのも良いでしょう。

マンションを借りる時期!春先は安く借りられないって本当?

マンション選びで重要なことに、マンション選びのタイミングがあります。

マンションを借りる際は、なるべく秋、冬を意識して行うようにしましょう。

というのも、春になると「就職、引っ越し」でマンション利用者が一気に多くなるからです。

就職というのは、「新社会人、転勤」などに該当する人が、良くマンション契約を組むようになるという意味です。特に、安いマンションは人気が高いので、春先になるといきなり予約も組めなくなるということが多いです。

引っ越しについても同じことが言えます。大学生などが引っ越しでマンション契約を良く組むようになるので、駅に近いといった立地条件が優れている物件については、お金がかかってでも予約を組んでおいたほうが良いでしょう。

それと、春先になるとマンションの家賃も高くなってしまいます。

多くの人が良く利用する期間でもあるので、前倒しで予約を終えておき、安い賃料で住めるように画策したほうが賢明です。3月の下旬から人気がピークに達するので、3月の上旬にはマンション選び、予約を完了していると、気持ちの良い新生活を送れるでしょう。

マンションの購入!購入と借りる場合ではどっちのほうがお得?

マンションのお金に関する話として、購入、賃貸を比較した場合の話もさせていただきます。

どちらのほうがお得なのか?というと、それはマンションを購入する方と言えます。

その理由ですが、以下の面で大きな利点が発生しやすいからです。

  • 料金が変動しない
  • 信用のおける業者を利用できる
  • 管理が簡単、手数料が小さい

マンションを借りる場合は、上記のような恩恵は発生しないことが多いです。

しかし、購入されているとマンションの価格が変動しても、その変動になんの影響も受けずに、マンションを長く利用することができます。賃貸の場合、不動産人気が上がった際は、つられて賃料も上がることを覚えておきましょう。

それと、マンションを販売している業者のほとんどは、老舗のような長い販売実績を誇っている業者です。つまり、良く知らない業者を利用してしまうリスクが無いのです。

最後に、マンションを購入されていると、自分で物件のクリーニング、内装などの改造を行えるようになるので、自分好みの空間を簡単に作れる、管理できるというメリットもあります。

手数料も最初にすべて払ってしまえるので、借りるよりお得な利用方法となるのは確かでしょう。

ただし、中古のマンションでも良い物件は「500万円~1500万円」もするので、決して安い買い物にならないのも事実です。経済的に余裕がある場合は、マンションを借りるだけでなく、購入することも検討に入れて不動産で相談を受けましょう。

条件付きで安くなる!マンションの上手な借り方をまとめて案内

マンションを借りる際ですが、全体的な出費を大きく減らすテクニックも存在します。

例えば、自分であれもこれも対応できる人であれば、マンションを借りる際の費用はかなり安くなります。

  • 清掃を自分で行う
  • 駐車スペースを自分で確保する
  • 古い物件のみ選ぶ

マンションを借りる際ですが、清掃料金を良くチェックしておくと良いです。ものによっては5万円以上というケースもあるため、自分で清掃できる人であれば、無駄な出費を大きく減らすことができます。

清掃には入居時、退去時、定期的なメンテナンスとしての3パターンが存在しますが、これらは自分で対応しても問題なく、キレイに生活されていると、発生する清掃料金を10万円近く少なくすることも難しくありません。

ただし、タバコなどを吸ってしまう人では、業者側から注意されて業者のほうで、勝手にクリーニング業者を決めてしまうことがあります。ヤニ汚れなどもチェックされるので、タバコの吸い過ぎにも注意されると、より健全にマンションを使いまわすことができます。

それと、古い物件は駐車スペースが無いということもあります。なので、自分で駐車スペースを探すだけで、格安のマンションに住めるという事例も少なくありません。

トピックス
ページトップへ